Profile

Author / ゆじ
IT〜晩御飯のおかずまで気になったことを扱うBlogです。
Authorについてや、連絡先などはAbout meをご覧ください。

TwitterStatus / yujitan

最近のエントリ

月別エントリ

コメント

トラックバック

欲しいモノ

torne(トルネ)(CECH-ZD1J)
torne(トルネ)(CECH-ZD1J) (JUGEMレビュー »)

PS3をサクサクキビキビ動作するUIが特徴的な地デジレコーダーに変身させてしまう魅惑の周辺機器。普段テレビ番組を撮り見ては消し、を繰り返している方におすすめ。

欲しいモノ

Demon's Souls(デモンズソウル) PlayStation 3 the Best
Demon's Souls(デモンズソウル) PlayStation 3 the Best (JUGEMレビュー »)

噂のマゾゲー・デモンズソウル。死ぬことを前提にしたゲームデザインや重厚な設定と物語で描かれるダークな世界観はプレイするものを惹きつける。アクション好きな方にはおすすめ。

欲しいモノ

欲しいモノ

その他お知らせ&AD


<< 短ニュ(4/13)Apple,時期OSリリースを10月に延期…他 | ホームへ戻る | .Mac+iChatでTwitter >>

スポンサーサイト

- | | Posted by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | → 同じカテゴリの記事を表示 |
| この記事のアドレス | translate into English | この記事をGoogleで検索 | このページを行き先登録 | |

次世代PHSの強みをアピール

IT/製品/テクノロジー | 17:00 | Posted by ゆじ
WILLCOM FORUM & EXPO 2007でWILLCOM執行役員 副社長の近義起氏が
「PHS beyond 3G」(3Gを超えたPHS)と題して講演を行ったそうです。
ケータイWatchがまとめているので、そこから更に気になった部分を抜粋。

ちなみに近氏は昨年10月までCTO(chief technology officer=最高技術責任者)を
務めていた凄い人です。

※以下、ケータイは所謂3Gとか2Gとか、PHSはWILLCOMと仮定してください

*PHS の歴史とか現状とか

もともとPHSは、“将来、1人1台という時代”が訪れたときに周波数の逼迫、固定網との融合の必要性という2つの懸念材料を払拭するために設計された。
ケータイ陣営が無線LANとか固定とつながることを想定して今動いてたり
しますが、それを見越してPHSは設計されていた、と。
設計思想自体はそうだったが、それが花開くことはなかった為
じゃあコードレスで親機がたくさんあってもいいじゃないかということで
現在のマイクロセル実現の基礎になったとか。
そういえば昔のPHSってコードレスの子機みたいだったよねぇ。
(カタチだけの話ではない気もするがw)

基地局の配置において、ケータイは基地局同士の干渉を気にする必要がある。
また、干渉や設置場所の問題で六角形を敷き詰めたような理想的なアンテナ配置は難しい。
その点マイクロセルは干渉が起きにくいので、どこに配置してもOKみたいな状況なんだそうだ。
PHSは出力が弱いことも医療機関においては利点とされているが一般には弱点。
その弱点を数で補うことができるマイクロセルは都合が良いみたいです。

WILLCOMの基地局は全国に16万局あるが、これを設置するのに12年もかかったそうだ。
これでやっと人口カバー率99%。
但し基地局自体が小さいので設置に場所を取らないので、ユーザーが要望すれば
設置するのが比較的たやすい、と思われるので(法人として要望すれば設置してくれやすいと聞く)
こういうのは今後改善されてゆくかと。

要望はここから可能。

*今後について

「現在、基地局のIP化を進めている。W-OAM typeGを開始したが、今年度中に最大800kbpsを実現できるが、現状はまだ512kbps。これは、一部の基地局とバックボーンを結ぶラインが ISDN網になっているため。ISDN4本つかって500kbpsを実現できるが、現在は光ファイバーへの置き換えを進めており、これまでに8割ほどIP 化された。ISDNから光ファイバーへ置き換えれば、コストダウンと遅延改善が進む。無線部に比べ、バックボーンは一足先にNGN化すると言える」
What's NGN? -> はてなダイアリー キーワード:NGN

更に音声についても手が加えられるみたいで
「音声のハーフレート化を検討している。規格上はクォーターレートも実現できる。これが実現できれば、1チャネルあたりの単価が半分になり、空いた容量はデータ通信にまわせる」
What's ハーフレート:IT用語辞典 e-Words
クォーターレート(4分の1)も規格上はできるらしい。
…通話品質は犠牲にならんのかしら?
息遣いまで聞こえる音質、を継続して欲しいところだが…
データ通信が快適になるんならいいか、とも思いますがw
ウィルコムのサービスでは、408kbpsの利用者は月間1GB程度で、256kbpsだと500MB程度。つまり速度が倍になると、トラフィックも倍になる」と述べ、通信速度とユーザーのネット利用傾向には、因果関係があるとした。
そういえばゆじは1×(京ぽん1)から2×(京ぽん1)になって、4×(ZERO3[es])と確かにトラフィックが
増大するような使い方をしてますなw
早いと色んなページを外出時に見よう!ってなるので因果関係はあると思うですよ。
「現在のPHSは速度やモビリティはそこそこだが、容量は携帯電話を遙かに上回る。大容量でなければブロードバンドとは言えない。次世代PHSではモビリティを確保しながら、高速かつ大容量を実現できる。(次世代PHSに)周波数は割り当てられていないが、ここにきて、ようやく16万局開設した甲斐があった、我々の時代がついに来たのかなと勝手に思っている」
ここでいうモビリティは携帯性のこと。速度はまま速度のこと。
容量は電波容量のこと。セルひとつにユーザがたくさんしがみついていると
スピードは当然落ちる。が、マイクロセルならセル毎にしがみついているユーザーが
ケータイに比べて少ないので、速度を早くしてもそれをちゃんと享受しやすい。

このあたりの話は以前スマート・ユビキタスフォーラムで近氏が語ってた話ですね。

「伝送速度だけを競い合うのは、無線の世界では無意味」
「4月8日、次世代PHSはITUでブロードバンド技術のリコメンデーションの1つとして、勧告をもらった。このシステムを担いで世界に伸ばしていく足がかりができたと思っているし。PHSに最適なチューニングが図られていると考えており。中国やタイ、台湾などで実際に使ってもらえればと思う。その日を夢見て、粛々と技術開発を進めている」
ITU -> 国際電気通信連合
リコメンデーション -> 推薦

ということで、技術陣は粛々と開発しているようでなんだか安心しました。
端末に目がいきがちですが、こうしたインフラのがんばりが
WILLCOMの躍進を支えてるのですよねぇ。

安価で繋ぎ放題が実現しているのはこういう方のがんばりがあってこそ。
ありがたいことです。

以下ソース:
【WILLCOM FORUM & EXPO 2007】 近氏、次世代PHSの強みをアピール

| comments(0) | trackbacks(0) | → 同じカテゴリの記事を表示 |
| この記事のアドレス | translate into English | この記事をGoogleで検索 | このページを行き先登録 | |

スポンサーサイト

- | | Posted by スポンサードリンク
| - | - | → 同じカテゴリの記事を表示 |
| この記事のアドレス | translate into English | この記事をGoogleで検索 | このページを行き先登録 | |
コメント
このエントリーにコメントする?









この記事のトラックバックURL
(注:トラックバック送信元の記事にこの記事へのリンクがない場合は送ることができません。
SPAM対策のひとつとしてご協力お願いします!)
http://yujitan.jugem.cc/trackback/996
トラックバック
 


More Infomation

RSS 1.0   ATOM  0.3

AD

ウィルコムストア

AD

ウイルスバスター トレンドマイクロ・オンラインショップ

Apple Store(Japan)