Profile

Author / ゆじ
IT〜晩御飯のおかずまで気になったことを扱うBlogです。
Authorについてや、連絡先などはAbout meをご覧ください。

TwitterStatus / yujitan

最近のエントリ

月別エントリ

コメント

トラックバック

欲しいモノ

torne(トルネ)(CECH-ZD1J)
torne(トルネ)(CECH-ZD1J) (JUGEMレビュー »)

PS3をサクサクキビキビ動作するUIが特徴的な地デジレコーダーに変身させてしまう魅惑の周辺機器。普段テレビ番組を撮り見ては消し、を繰り返している方におすすめ。

欲しいモノ

Demon's Souls(デモンズソウル) PlayStation 3 the Best
Demon's Souls(デモンズソウル) PlayStation 3 the Best (JUGEMレビュー »)

噂のマゾゲー・デモンズソウル。死ぬことを前提にしたゲームデザインや重厚な設定と物語で描かれるダークな世界観はプレイするものを惹きつける。アクション好きな方にはおすすめ。

欲しいモノ

欲しいモノ

その他お知らせ&AD


<< D4発表。使い道を考えてみる | ホームへ戻る | WS016SH / WS015SHがBT認証機関を通過…アドエス後継? >>

スポンサーサイト

- | | Posted by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | → 同じカテゴリの記事を表示 |
| この記事のアドレス | translate into English | この記事をGoogleで検索 | このページを行き先登録 | |

姫路菓子博いってきたよ!

綴る日記・雑記 | 22:57 | Posted by ゆじ
兵庫県姫路市で開催されている姫路菓子博2008に行ってきました。

himeji

同僚さんにチケットを1枚タダで譲って頂いたので、平日休みをとって行く事に。
ゴールデンウィーク終了後でひとがたくさんこねーだろ、というのと今なら休める!ということで。

個別の感想を述べる前に先ずは全体の感想から。

ひめかミ〜ルはあてにするな

今回会場の待ち時間なんかがケータイのサイトでわかる"ひめかミ〜ル"とやらが導入されているのですが、なんとその待ち時間が激しくアテにならない。
例えば最初のパビリオン、「兵庫のお菓子館」は大体30分程度待ってやっと入れたのですがその時は"待ち時間なし"と表示されているなどリアルタイム更新なんぞはされていないようでした。
地元の業者さんが提案されているようですが、良いシステムを提供しても入力する方法を確立してないとこんなことになる、という良い見本ですね。

各パビリオンの待ち場所に日陰がないぞ!

そのまんまです。待ち時間がたくさんかかるパビリオンが多いのに、日陰があまりにない。「夢のお菓子ランド」付近にテントが少しありましたが、一部しかなくて5月の日差しとはいえ結構つらかったです。水筒とか日傘とか日焼け止めとか一通りの装備は必要だと思いました。

他にも入り口にお土産屋はないわー、とか17時30分とか終了時間が早すぎる、とかでかいお菓子の姫路城がゆっくり見れない展示方法だったとか不満あげればキリがな(ry

というわけで我々が行ったパビリオンのレポートをば。

1.兵庫のお菓子館

ここに3万5千個のトリュフチョコレートで作られた地球儀が展示してあります。
あと兵庫県の職人さんが製作したお菓子(作品)の展示なども。
個人的にはボックサンの福原オーナーが製作した作品を発見したのか嬉しかったので、知っているひとが担当したものが展示されているのであれば面白いやも。

2.夢のお菓子ランド

お菓子の姫路城に次いで我々がターゲットとしていたパビリオンですw
大手菓子メーカーが展示&ゲーム&お菓子の配布などをしています。

森永ブースではものづくりのおもしろさを知ってもらうために、と菓子博オリジナルの紙箱を用意し、それにシールを貼ってハイチュウとチョコボールを詰めるというステキ体験ができます。子供さんは非常に喜ばれるのではないでしょうか。

個人的にはそのブースに居てたキョロちゃんのキグルミにはいっていた人がとても好感持てました。キグルミなのにぐりぐりと動いて皆さんを楽しませていました。あれはすごい。そしてかわいい。カメラを構えるとこのようにポーズまで!

kyoro

他のブースではお菓子のサンプルを配ったり、山崎のブースではピザを焼いて配ってたりしました。各ブースの入場制限の解除が時間差あるので、何か配布物を求めて徘徊&展示を見ているうちに体験orゲームができるブースの入場が解禁されたり…という方法でこのパビリオンでいくつか配布物をコンプリートすることは可能なんじゃないでしょうか。

…非常にしんどいですが。

3.全国工芸菓子館「和の匠館」

100点を超える「山水花鳥風月」を表現した和風工芸菓子を展示。スゴイ…!の一言です。職人さんの技術は心を揺さぶりますね。菓子素材で作っているとは思えない。例えば草の林の中を鳥が飛んでいる様子を菓子で再現している作品では下の方の草が枯れて、茶色くなっているところまで再現しています。細かく、そして美しい。

このパビリオンは90分待ちとかがザラのようなのでここに行くには暇つぶし&暑さ対策が必要ですよ!

4.テーマ館/全国工芸菓子館 「和と洋のシンフォニー館」

こちらもスゴイ…!の一言につきます。こちらは名の通り、和菓子&洋菓子の工芸展示。そしてお菓子で作られた姫路城はここに展示してあります。

ここも待ち時間が90分がザラのようなので注意が必要です。

…が、展示状態がですね… 角に展示してある、といえばいいのでしょうか。
裏や側面から見れるように展示されておらず、しかも立ち止まってみないでくださ〜い!とアナウンスしていてゆっくり見ることができない始末。

姫路城とその周りに大名行列が居る様子をお菓子で表現していて、行列の中に白塗りの殿様が居たり色々コネタが仕込まれていたのですがそれらをゆっくりと見ることができませんでした。勿体無い。


ここまで見終えたところで時間は既に17時… クローズは17時30分ですね。。。

5.日本縦断!お菓子めぐり館

北海道〜沖縄まで開催地である兵庫県以外の46都道府県の銘菓を集めて展示しています。白い恋人とかボンタンアメの展示とか個人的にグッとくる展示が多いのはここです。

宮崎県が宮崎県の展示じゃなくて、そのまんま知事特集になっているのはお約束です。はい。

miyazaki


この後お土産を買って、そこでタイムアップでした。
昼過ぎについてこのザマなので、あと3日ですが行かれる方は朝一番に出かけるが吉ですね!

himeji-jou

| comments(0) | trackbacks(0) | → 同じカテゴリの記事を表示 |
| この記事のアドレス | translate into English | この記事をGoogleで検索 | このページを行き先登録 | |

スポンサーサイト

- | | Posted by スポンサードリンク
| - | - | → 同じカテゴリの記事を表示 |
| この記事のアドレス | translate into English | この記事をGoogleで検索 | このページを行き先登録 | |
コメント
このエントリーにコメントする?









この記事のトラックバックURL
(注:トラックバック送信元の記事にこの記事へのリンクがない場合は送ることができません。
SPAM対策のひとつとしてご協力お願いします!)
http://yujitan.jugem.cc/trackback/1152
トラックバック
 


More Infomation

RSS 1.0   ATOM  0.3

AD

ウィルコムストア

AD

ウイルスバスター トレンドマイクロ・オンラインショップ

Apple Store(Japan)